>

どんな住宅でも劣化する

内部が劣化している場合

一般的に住宅は、建設されてから10年が経過すると劣化していくと言われています。
その頃が、修繕するタイミングだと思ってください。
ただ10年が経過していても、見た目に変化が起こっていない場合はまだ良いと思ってしまう人が見られます。
しかし外見は変化がなくても、内部で異変が起こっているケースが多いので油断しないでください。

気づいた頃にはかなり劣化が進んでいて、修繕するのが難しいと言われるかもしれません。
住宅が建設されて10年が経つ時は、業者に相談してください。
すると業者のスタッフが自宅を隅々までチェックして、どこの修繕が必要なのか見極めてくれます。
スタッフは正しい知識を持っているので、安心して任せられますね。

自分でもチェックしよう

暮らしている地域の気候によっては、住宅が建設されてから10年が経過していなくても劣化することがあります。
特に毎年台風が訪れる地域や海に近い地域だとダメージが大きく、劣化が早いと言われています。
もし自分で確認して劣化が目立っていると思ったら、建設されてから7年や8年でも遠慮しないで修繕を依頼してください。

まだ良いと思っていると、手遅れになってしまいます。
早く異変に気付いて修繕を任せることで、費用が安くなるメリットが生まれます。
初期状態の頃なら安く済ませられるので、予算が少ない人は特に早く異変に気付くことを意識してください。
外壁や屋根は他の部分に比べてダメージを受けやすい部分なので、こまめにチェックしましょう。